売掛金回収の流れとは

一般的に、売掛金の回収の流れとは、口頭、書面での相手先への催促、直接会社へ行って対面して話し合いを行っても支払いが行われない場合には、まず内容証明郵便を使っての督促が行われます。この内容証明郵便とは、いつ誰が、誰宛に、どのような内容で送付し、相手がいつ受け取ったかということを公的に証明してくれる郵便のことになります。法的な強制力はありませんが、請求書としての意味を持ち、裁判所に持ち込むことになった際に、有効利用することができます。

他にも、支払督促を行い、裁判所から相手先に支払いの命令をすることができます。内容証明郵便で督促してもびくともしなかった相手でも、裁判所からの支払督促が届いたら連絡してきたというケースもありますので有効です。あるいは、民事調停の手続きをして、裁判所から民事調停委員を仲介人として相手先との話し合いの場を持つ方法もあります。当事者同士だけでも解決しない場合、アドバイスを受けながら和解に向けて話し合います。ただし、この民事調停は、相手に話し合いの意志がない場合は意味をなしません。そして少額訴訟という一般的な訴訟よりも比較的簡単にできる訴訟もあり、様々な方法を用いて回収を試みることになります。